• Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

©2016  kobayashi takae

意図的なラフさ

May 18, 2016

 

きっちりと数学的に美しいものも大好きだけど、「ラフな感じを出したいな~」と思う時がある。

 

ラフな感じを出すには、基礎や基本がしっかりした上じゃないと、ただの雑なものになってしまう。
 

 

「意図的に出すラフさ」と「何の意思もない雑さ」は同じようで全く違うもの。

 

いびつなのにかわいいものがあるかと思えば、規格どおりなのになんか安っぽく見えたりする。


 

この感覚は、たくさんのものに触れ、ある程度の経験を積まないと分からないものかも?
 

 

ラフさを意図的に出すと言っても、考えすぎたり狙いすぎると「ラフ」から遠のいてしまったりする。

 

経験や意思があっても技術が追い付かない場合もあるし、「意図的なラフさ」は奥が深い。



たとえば、お世話になっている美容師さんはどちらかというと感覚派で、

無造作なヘアスタイルをつくる時「あんま考えずにテキトーにやっちゃってください!」なんていう。
そして家に帰って自分でやろうとすると、考えすぎて無造作にならなかったりする。

ファッションの着崩し方も同じで、「ここがちょっと右でここは出すぎ!」と、

気になり出すと止まらない。

漫画もしかり。
きっちり描きすぎず、少し歪ませた方が見た目がしっくりくる場合がある。
本当はまっすぐのはずだけど、まっすぐ描くとなぜかおかしな絵になったりするのだ。

 

ただ、漫画の背景はキャリアが長いので、このへんの感覚がつかめるようになっている。

 

ド新人の時に言われた、今も頭に残っているチーフアシさんの一言。

 

「ちょっとパースが狂っていてもおかしくなければいいのね。

慣れると消失点をとらなくても描けるようになるから。

でも最初はどんなに遠くてもちゃんと取らないといけないし、

コマの外の見えないところも描かないとダメ。」

 

これは本当にありがたいアドバイスだった。

 

 

どの分野にも通じる事で、最初は基本をちゃんとやってからの、

うまい「抜き具合」を探る指針になっている。

 

 

無造作ヘアスタイルや着崩しも、いいなと思ったら、どんどんやる(経験を積む)ことで

うまい具合が無意識的にできるようになるんだろうと思う。

 

そして、バッグ制作もそう。

 

定番商品にはラフさは必要ないけれど、今後やりたいと妄想している1点ものなどに

「意図的なラフさ」をうまい具合に表現できるよう、日々精進なのである…。

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

October 17, 2016

August 29, 2016

June 26, 2016

June 11, 2016

June 5, 2016

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square