• Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon

©2016  kobayashi takae

5/18/2016

 

きっちりと数学的に美しいものも大好きだけど、「ラフな感じを出したいな~」と思う時がある。

 

ラフな感じを出すには、基礎や基本がしっかりした上じゃないと、ただの雑なものになってしまう。
 

 

「意図的に出すラフさ」と「何の意思もない雑さ」は同じようで全く違うもの。

 

いびつなのにかわいいものがあるかと思えば、規格どおりなのになんか安っぽく見えたりする。


 

この感覚は、たくさんのものに触れ、ある程度の経験を積まないと分からないものかも?
 

 

ラフさを意図的に出すと言っても、考えすぎたり狙いすぎると「ラフ」から遠のいてしまったりする。

 

経験や意思があっても技術が追い付かない場合もあるし、「意図的なラフさ」は奥が深い...

5/8/2016


「自己満足」って悪い意味にとられがちだけど、自分を認めている人って向上心にあふれているような気がする。

 

クオリティや細かい部分は粗削りでも、自分に満足している人の表現するものには何かしらのパワーを感じるし、惹きつけられるものがある。

 

根底では自分を認めていなくて、人の評価を得るためにつくったものには何となく違和感を持ってしまう。

 

自分に満足した上で、お客様目線で、求められているものをつくる。
それは決して媚びているわけじゃなくて、あくまでも自分が提供できる最善を尽くすということ。
そうすることによって喜んでいただけるし、こちらもうれしくなっていい循環が起こる。

 

妥協はないけど柔軟性があって、完璧はないと...

Please reload

最新記事

October 17, 2016

August 29, 2016

June 26, 2016

June 11, 2016

June 5, 2016

Please reload

アーカイブ
Please reload

Please reload

カテゴリ
Please reload